こんにちは、ニンニク料理を心から愛する男でお馴染み、かっぱ橋の飯田屋6代目の飯田結太です。

料理をしていると色々な食材を触るので、気付くと手の匂いが気になるというときはありませんか?

特にニンニク料理や、生魚を切ったり触ったりしていると手に匂いがついて取れなくて困ってしまいます。

今日はそんなときに大活躍してくれる道具「ステンレスソープ」をご紹介します!

この便利グッズ、魚を頻繁に扱う料理人の中では必需品とも言える道具で昔から飲食店に一つは置いてある商品です。

ただのステンレスの塊じゃないの?と侮るなかれ!

驚くほど簡単に生臭さなど嫌な匂いを軽減してくれます。

使い方は簡単で「ステンレスソープ」で手をこすりながら、水で流すだけ!

石鹸のようにだんだんと減っていくこともないし、半永久的に使うことができます。

手に付いたにおいの成分の多くは、マイナスの電荷を帯びているそうです。

流水の中で「においとりソープ」と手をこすり合わせるとプラスの電荷が発生し、発生したプラスの電荷と、マイナスの電荷の臭いが結合し、水で流されるとうのが仕組みだそうです。

 

正直、自分でもよくわかっていなくて不思議なのですが、ちゃんと匂いを落としてくれます。

気になるお値段ですが、この記事を書いている時点で580円で飯田屋で販売しています!

ニンニク好きの方や魚料理をよくやる方など是非ともオススメです!