こんにちは、料理道具マニアでお馴染み、かっぱ橋の飯田屋6代目の飯田結太です。

最近外国人観光客をかっぱ橋道具街でもよく見かけるようになりました。浅草の飲食店に入っても外国人観光客を見かけない日はありません。そんな中、ふと気付いたのが意外と海外の人って箸使いうまいな!ということ。本当に上手いんですよね。

フォークとスプーンの文化だと思ったいたら、これからは考えを改めなければならないかもしれません。アメリカのFred & Friends社が開発した「MUNCHTIME」を見たらなんで海外の人の箸使いが上手いのか納得しました。

今日は、海外で開発された恐竜の形の矯正箸「MUNCHTIME」を紹介します。

「MUNCHTIME」は日本で言うところの子供用の箸。正しく箸を握れない子供が箸の使い方を覚えるために開発された箸です。ちょっとユニークで、箸を握ると恐竜の口が開いたり閉じたりするんですよね。

ほんの少しふざけちゃうところがFred & Friends社が面白いところ。

こんな箸だったら子供でも使いたくなって、気が付いたら箸使いが上手くなっているとうわけですね。

気になるお値段ですが、この記事を書いている時点で$6.00(約750円)でした!

お箸がうまく使えないという方に是非オススメしたいユニークなお箸の紹介でした!

それでは、また明日!